☆頑張っても防げないこと~犯罪被害を考える~☆

11月25日から12月1日は「犯罪被害者週間」です。

犯罪被害に遭われた方やその家族が、被害から立ち直り、地域で再び平穏に暮らせるようになるためには人々の理解と協力が必要で、その理解を広めるために国や地域、民間団体によって様々な啓発事業が行われます。

大病をしたことがなくても、身体の不調を全く経験したことがない人はいないので、多くの人は病気や障害を持つ人に出会ったら配慮しようと思います。その思いを行動に移せるかどうかは別として。
「ヘルプマーク」が拡がりつつあり、()見た目でわからない病気や障害のある人への配慮を促す動きも見られるようになりました。

犯罪被害者やその家族は見た目ではわかりません。
また当事者もそのこと自体を忘れたい、知られたくないという思いから、困っていても悩んでいても「助けて」の声を上げることが出来ないのです。

犯罪被害には一時被害と二次被害があります。

※長いけど読んで下さる方は続きをポチっと。




一時被害とは、命を失う、怪我をする、財産を失う、後遺障害を負う、(性犯罪被害の場合)妊娠・感染症になるというものがあります。つまり犯罪被害そのものから引き起こされる被害ということになります。

そして、二次被害とは警察、病院、マスコミ、法律家、友人・近所の人との関わりの中でさらに傷つけられることです。
事情聴取の際の配慮の無い言葉や、強引な取材、事実と異なる報道、周りの人からの興味本位な詮索、心無い言葉などです。
一番多いのが家族や親せきとの関係の中でおこる被害で、接触する機会が多い人ほど被害を与える人になる可能性が高いのだそうです。

犯罪被害に遭うと、突然日常が奪われて、その後は傷だらけの身体や心で、やったことのない手続きなどもこなさなければなりません。
たとえ身体の傷が癒えたとしても、記憶は消えません。

被害に遭うまでは何でもなかった出来事や言葉に対して、敏感になり日常生活が困難になることもあります。

犯罪被害者や家族が、社会や人間に対する信頼感を取り戻し、日常を取り戻すためには多くの支援を必要としています。国や自治体による支援だけでは不十分と言われます。

現在大阪には「大阪被害者アドボカシーセンター」という犯罪被害者等早期援助団体があります。(06-6774-6365)
ここは相談、支援がすべて無料で受けられます。警察、検察庁、裁判所、医療機関への付き添い、代理傍聴、マスコミ対応までも援助してもらえます
民間団体なので、それ以外でも柔軟に対応してもらえるかもしれません。
情報や秘密が漏れることもありません。


民間の人たちが被害者や家族を支援する意義は、職業人ではない人(一般市民)が関わることによって、被害者が社会に対する信頼感を取り戻すことに役立つ、「世の中捨てたもんじゃないな」と思ってもらうことだそうです。
そして事件直後から長期にわたって途切れない支援が可能だったり、予算の縛りがないということもあります。


専門的な知識のない私たちに出来ることは、もし身近にそんな人がいることがわかったら、「いつも通りに接すること」かもしれません。その際に「二次被害」を引き起こさないように気をつけたいことがあります。

被害者を傷つける言葉の例をあげておきます。

よく使われる言葉被害者の心情

お気持ちはわかります本当にわかるの?簡単にわかってたまるか
大丈夫、よくなりますよそんなこと、保障できるの?単なる気休めでは?
忘れた方がいい一生忘れることは出来ない。忘れられるなら忘れたい
早く元気になって無理なこと
頑張ってこれ以上どう頑張ればよいのか。励まされると負担
あの時○○すれば(△△しなければ)よかったのに自分が悪かったんだ
他にも同じような人はいる比較しないで
他にもお子さんがいてよかったねあの子の代わりはいない
私だったら生きていられない生きている私はおかしいの?死なない私はおかしいの?

これ、ドキッとしませんか。特別キツイ・イジワルな言葉でないものも含まれています。。。

この言葉を使う人は相手を傷つけようとは思っていません。むしろ、元気づけよう、慰めようとして発した言葉です。そして、言われた方も、そのことが分かっているのです。だからこそ、辛い。素直に受け止められない、そんな自分をさらに責めることもあるようです。

お湯で洗いものをしても普段は何ともありませんが、手荒れのひどい時に同じことをすると手がしみます。これと同じように被害者の心が傷ついているために普通の言葉が刃になるようです。通常の心情ではない。。。
実際にどんな関わり方をすればいいのか、正直難しいなと感じます。

ただ、いつも通りに接したり、話を聞いたり、それでも相手にとっては救われた気持ちになることもあるのかも。
「ごはん、食べてる?作りすぎたから貰ってくれない?」そんなちょっとした会話とか。

奪われた命を取り戻すことは出来なくても、残された家族を支えることは出来るかも知れません。


「ただそこにいただけ」で遭うかもしれないのが犯罪被害。頑張っても防げないことがあります。

そして、もしも不幸にも自分や家族が犯罪被害にあったら、、、助けを求めていいということを思い出して下さい。


もっと詳しく知りたい方は、実際に話を聞いてみるのもいいと思います(私は去年参加しました)。

11/17、11/24に犯罪被害者支援セミナーがあります(詳しくはこちらを見て下さい☆)。


にほんブログ村
[PR]
by nekoinuusagi | 2017-11-15 07:36 | 制度など | Comments(0)

ねこを幸せにするのも不幸にするのも飼い主次第。最期の日まで大事な家族を守るために日々健康に気を付け、不測の事態に備えながら楽しく暮らしています。


by nekoinuusagi
プロフィールを見る